理解しておきたい!新入社員研修を行う理由とは

新入社員に対しての研修の目的

学生から社会人への心の中のチェンジを行うのが、新入社員に対しての研修で、代表的なテーマにあたります。学生は受講費用を払って広範な知識を手に入れられるため、遅刻を行っても講義の休みを取っても、自身が不利益だけで、誰一人としてダメージを受けるものとはなりません。しかしながら、社会人は、当人の労働を企業に差し出して、マネーを支払われるので、全然立場が反対になります。これを知らせることが重要点になります。

ロールプレイングの必要性

在学中は広範な知識として記憶に留めていても、アクションで試すことがないです。だから、把握していても実際のところできるかとなれば、実現不可能なことが多いことがあります。電話一つ取っても、3分の間に受話器を手にするということは押さえていても、現実に、そういうふうなシチュエーションに会うことがありません。そういうことから、実演を中心にメニューが組み込まれます。ロールプレイングをメインとした研修内容です。

企業のルールを周知させる

新人の所属が決定し、仕事先に入れば、実際の仕事そしてデスクワークに追われます。会社の代表のセンス、あるいは社歴などを耳にするチャンスはないといえるでしょう。改めて、それぞれの部署でどの様な会社の業務が行なわれているのかもはっきりとしていません。勤務場所では部署間のチームワークプレーもなくては困ります。仕事のためのビジネスに対する信条と、例外なしに覚えておかなければいけない規則を見せるための研修が必要です。

社員研修とは、新人研修及び定期的に開かれる当該企業内の実務研修をいい従業員の技能向上などを目的とするものをいいます。