ecサイトも実社会も同じ事!ビジネスにおける大切な要素とは?

人が運営している姿を現して

商品には、売り手の思いが付加価値として付随して行く事もありますよね。店員が一人もいないスーパーで買物をするよりも、店員のいるスーパーの方が楽しくなる事もあります。人は、人と接する事によって軽い興奮状態を引き起こす事もあるのです。この興奮状態が、脳の快感物質を作り出す事に繋がりますよ。つまり、ecサイトを運営する場合は、人の存在を示して行く事が大切なのです。運営者の写真を直接扱う方法もあれば、本文によって伝える方法もありますよね。逆に言えば、ただ商品名や値段のみを伝えているecサイトは、失敗をしてしまう可能性が高まってしまいますよ。

ecサイトよりも商品を大きく扱う事

実社会におけるスーパーでの買物は、スーパーを買いに行くのではありませんよね。もちろん、商品を買いに訪れるのです。ecサイトの中には、商品よりもecサイトの看板の方が目立ってしまっている場合もあります。商品を全面的に大きく扱う事が大切ですよね。ただし、ecサイトの名前を覚えてもらわなければ、リピーターとして定着してくれません。そのため、弊社や、当サイトなどの文言は極力避け、直接サイト名を利用して行く事が大切です。

商品と一緒にチラシを入れて発送する

実社会では、様々な場所でチラシなどを配布していますよね。様々な商品を一度に確認する事も可能です。ecサイトに訪れるユーザーは、全ての商品に目を通している訳ではありません。全ての商品に目を通すユーザーは、稀なユーザーと言えるでしょう。発送する商品と一緒にチラシを入れておく事もお勧めです。多くの商品に対して目を通してもらう効果のみならず、手元に残してもらえる可能性も持ち合わせています。手元に残してもらえれば、再び利用してもらえる可能性を高める事も出来ますよね。

ecサイト構築を行うためにはまず広告主とアフィリエイターを集めなければなりません。また看板となるホームページも充実させる必要があるでしょう。