インターネット社会での風評被害対策の重要点

訂正のみでは効果がない場合もあります

インターネットを介して風評被害が見られた時、トラブルとなった記事そして書き込みを正すという対応が普通に実行されます。しかしながら訂正をしたのみではトラブルが落ち着かないケースがあります。単に訂正するだけに限らず、会社内部のいずれが問題点であったか実務担当者に把握させ、苦言を呈したという対応に関しての情報そのものを送信することが重要になります。つまり、訂正のみで終わらせると逃げたようになり、一層悪化する場合があります。

法的な手段も考慮に入れましょう

風評被害対策は、長年のクライアントを失くし収益が減少するというトラブルだけに限らず、電話などが湯水の如く届き、会社の業務が阻害されるというトラブルにもつながります。稀に会社名が似ていたため巻き込まれたという事例も、起こる可能性があります。このような状況では、迷うことなく行政機関に相談にいくことが重要だといえます。いうまでもなく、もし被害の悪くなるのであれば、業務妨害で法的に応対することも、視野に入ります。

風評被害の対策は十分な考察が必要です

とある会社において風評被害が発生し、それに対しての説明をホームページを使って行ないました。しかしながら、沈静化しなかったといったケースがあります。風評被害の情報そのものを鵜呑みにしてしまったユーザーの大部分が、ホームページの情報自体を分かっていなかったのです。しばらくしてから、情報発信などを実施して、風評被害は沈静化できたということです。以上のように、鎮静化のために、しっかりと対応策を考察することが重要なポイントです。

インターネットでは、突如として匿名性を利用した風評被害を受けることが稀にあります。そういった風評被害対策は、サイト管理者に削除依頼を行うことや弁護士に相談することが大事です。